過度な運動は危険

  • HOME > 過度な運動は危険

伸び盛りには適度な運動量が大切

まだまだ骨も筋肉も伸び盛りだという成長期にどうしてもやってしまいがちなものが過度な運動量になります。

一番伸び盛りの時期に度を越えてしまっているような運動をしすぎてしまうと、それは逆に体に対して負担をかけ過ぎてしまいます。

特に運動系のクラブや部活動に入っていると、「もっと大きな結果を残したい!」「もっと勝ちたい!」という思いから、運動量を上げてしまう子どもたちも多いかもしれませんが、度を超えた運動量というものは負担でしかありません。

そうすれば、体は成長期なのに成長することなく、負担ばかりがかけられていく体になります。本来であれば骨も筋肉も成長するはずのところが、それ以上に伸びることなく成長がぴたりと止まってしまいます。

運動時には軟骨の働きも重要だと言われていますが、普段からの練習量の多さによる負担のかけすぎによって軟骨も弱まってしまいますので、ちょっとしたことで大怪我につながります。

軟骨は怪我を防ぐ要素にもなっていますから大切な体の一部分と考えましょう。

もちろん普段運動をしないような人が急に激しい運動をするのも危険です。特に膝まわりに大きな負担をかけることになっていくので大怪我につながるでしょう。

運動をした分だけ適度に休み、尚且体の内部に必要なグルコサミンの投与もしてあげることも大切です。