関節痛とグルコサミンの関係

  • HOME > 関節痛とグルコサミンの関係

グルコサミンは元々体内にある物質

そもそもグルコサミンという物質は、まったく体とは関係の無いものだと思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。グルコサミンは元々人間の体内で作られている物質の一つになります。

それが軟骨に働きかけていくことによって骨同士がスムーズに動きやすくすることに関係してみたり、所謂クッションのように弾力性を持つことで怪我を防ぐことも効果があります。

しかし、いつまでも体のなかにおいてこの物質が生み出されているというわけではありません。老化とともにグルコサミンを体内において生み出されていく効果は失われていきます。

当然、若い頃のように同じ動作をしていたとしても物質によって支えられていたクッションの弾力性が減ってしまった体には大きな負担がかかるようになっていくわけですから、ちょっとしたことで大怪我にもつながります。

骨と骨との間には軟骨があるのですが、その軟骨にもグルコサミンという物質があります。それが老化とともに無くなれば自然と関節痛に見舞われるようになります。

体のなかで多く作ることができないのであれば、外から摂り入れる必要が生じます。そこでサプリメントという形によってグルコサミンを摂取していく人が増えています。